レビトラは夜中に服用してもすぐ効く

夜中に性行為を始めるような状況だと、すぐに効いて欲しいと思うものでしょう。
レビトラのメリットは、最も素早く効いてくれるED治療薬であることです。
性行為の1時間前に服用する必要がありますが、効果を感じるまでには30分もかからないことが多いです。
食事の影響はバイアグラほど受けませんが、空腹時のほうがより効きやすくなります。

クリニックで処方されるレビトラは主に10mgと20mgです。
20mgの処方を受けることが多く、持続時間が10時間程度と長いのが特長です。
10mgだと4~6時間程度となり、バイアグラとほぼ同等です。

性行為は日中よりも夜中に行ったほうがよいのです。
夜中は副交感神経が活発になる時間帯なので、気持ちにもゆとりが生まれるのです。
日中は交感神経が優位となるため、夜ほど充実した性行為は行なえないわけです。
睡眠を取る場合においても、夜なら8時間以上の睡眠を取れるという方でも、昼だと3~4時間で目が覚めてしまうことが多いでしょう。
心身が緊張している状態では、ゆっくりと身体を休めることができないわけです。

性行為をする時間帯としてベストなのは、夜9時~10時くらいです。
ゆったりと時間をかけてプレイを楽しみ、そのままぐっすりと眠りにつけます。
夜中にプレイするのもありですが、出勤日だと気持ちが落ち着きません。
仕事のことが頭をよぎると、プレイに集中できなくなるものです。
朝方までプレイが続けば、そのまま眠るのも躊躇してしまうでしょう。
性行為は性的衝動に駆られたときに行うのがベストですが、時間帯で指定するなら夜9時~10時くらいが好ましいのです。
プレイ後は一日の疲れを解消するため、そのまま眠るのが好ましいです。