日本の終わらない増税、その必要性

日本の抱える大きな経済問題としては、財政赤字と増え続ける国債の残高を挙げることができます。
特に今後も急速に高齢化が進むので、社会保障などの給付も増え続けるために増税の必要性が高まっているのです。
そして終わらない増税を回避するのは難しいので、政府はより一層効率的な財政運営が求められているのです。
特に予算を本当に必要な部分に重点的に配分することで、政府の財政悪化を少しで緩和する努力が求められているのです。
そのためには従来型の公共投資を重視した予算配分から、福祉を重視した生活者への配慮を考えた予算配分も必要になるのです。
また一方で財政赤字を避けるためには、税収を増やすことがもっとも重要です。
そして増税と歳出カットという2つの政策を並行して行うことがポイントです。
しかし社会福祉や公務員給与などの必要経費も増加しているので、歳出カットにも限界があるのです。
そのために消費税などを増税することで、歳入をアップさせる努力も求められているのです。
また日本経済を活性化させることで税収増加に成功した場合には、増税の流れを緩和することは可能です。
したがって新しい産業を創出するなど、経済政策にも創意工夫が求められているのです。