レビトラと硝酸イソソルビド徐放錠の併用禁止

男性のED症状の治療については、究極的にはシリコンでできた伸縮性のある器具を埋め込んだり、血管をつなぎあわせるといった手術療法もありますが、現在ではより手軽に症状の改善が見込めるED治療薬の経口摂取という方法がとられることが多くなっています。
こうしたED治療薬にはさまざまな種類があり、たとえばレビトラというED治療薬であれば、性行為の前に必要量の錠剤を経口摂取することによって、性器の血管が拡張するため、十分な血液が海綿体に蓄えられるようになり、性行為が終わるまで適当な硬さが維持できるということになります。
レビトラのようなED治療薬の長所として、性行為に対して自信がないといった精神的な要因から、動脈硬化や糖尿病などの身体的な異常という要因まで、かなり幅広い範囲をカバーできるということがあります。
ただし、こうしたED治療薬には、副作用のおそれがあることから併用してはならない医薬品、いわゆる併用禁忌薬が多く存在しており、持病のある人は医師の指導によって適切に服用することが大切になります。
たとえば、ED治療薬と同様の血管拡張作用をもつ医薬品として、硝酸イソソルビド徐放錠のような硝酸薬が挙げられますが、これは狭心症や心筋梗塞をはじめとした虚血性心疾患の人のための治療薬としてよく用いられているものです。
硝酸薬をレビトラのようなED治療薬と併用すると、相乗効果によって血圧が急激に低下してしまうことがあり、意識が突然なくなるなどの重大な副作用を生じやすくなります。
そのほかにも、かぜや細菌感染による皮膚の炎症などの際に服用する抗菌薬、抗真菌薬などの身近な医薬品でも併用に注意しなければならないものがあります。